読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の中の常識が覆されるとき

先日、去年12月ごろから温めてきたイベントが終わりました。

 

f:id:atta10022224:20170331025523j:image

 

 

私にとっては、0からのスタートで作り上げてきたイベントだった。

  

 

自分の思い描く、イベント。

ステージ、構成、流れ、証明、雰囲気、、、こだわりいっぱいありました。

 

 

 

準備を期して臨みました。

 

 

自分は、どうしたら楽しいのか?

そこだけは絶対に外したくなかった。

 

 

だから、自分のやりたいことは盛り込んだ。

あとは、それに関わる人がやりたいこと盛り込んでいく。

 

 

そして、そこにきてくれる人は、どうしたら同じように、楽しんでくれるかなっていっぱい考えた。 

 

 

進行も、スムーズにいくように

入念にお店にチェックしながら

無理をいいながら、進めてきました。

  

 

   

当日。

 

 

  

とても、胸騒ぎと共に緊張がすごくはしった。

 

 

 

みんな楽しんでもらえなかったらどーしよ

 

 

 

音流れなかったらどーしよ 

 

 

 

雨だから人来なかったらどーしよ 

 

 

 

失敗したらどーしよって。

 

 

すっげー不安になりました。

お腹いたくなった。←生理痛

 

 

 

リハーサルも無事に終わって後は、

開演を待つだけ。

 

 

 

開始。

 

 

MC。。。下手くそか。笑

わたし。笑

 

 

 

 

そこから5時間の事はあまり覚えていない。

 

 

 

だけど予定よりだいぶ沢山の人がきてくれた。

そして、こんな気持ちのいいイベントないって言ってくれたり、ものすごく楽しんでくれて、やってよかったなと思った。

 

 

 

ただ、落ち着いて考えると

いっぱい課題がでてくる。

 

 

 

自分たちの今ある脳みそをフル回転してこの結果。

 

 

 

オッケーだが、課題が残る。

 

 

 

 

終えて思う事は、

自分たちが予想できることって本当に僅かなんだなって思った。

 

 

万全を期してやったが

あれやっとけばとか、あれもうちょっととか、

 

 

 

次回は、あーしたほーがとか

こうすると、あーゆー不満がでてくるよねって。

 

 

 

どれだけ万全を期しても

完璧なんてないんだなってあたらめて思った。

 

 

 

きっと、このイベントを企画してやらなければ見えなかった光景。

 

 

 

そして、やらなければ次は見えない。

 

 

 

 

こーすれば楽しい!の前提も変わり

どんどん研ぎ澄まされていく。

 

 

 

このイベントの完璧な答えがあるとするなら、私はその完璧には出会いたくないな。

 

 

 

だってそこで、完璧を知ってしまったらそこで終わってしまいそうだから。

 

 

 

自分の手で確かめながらでしか進めないし、進みたくないかな。

 

 

 

一緒に企画してくれた人、

そこに来てくれた人がいて、はじめて出来上がるイベント。誰も欠けてはいけないイベント。

だからみんな本当に感謝!!

f:id:atta10022224:20170331025459j:image